患者様におけるオンライン診療の必要性と持続可能な仕組みをご紹介

お役立ち情報

2022/08/22

新型コロナウイルスの流行に起因し、外出を控える患者様が増えてきました。

  • 感染症が流行している中で、外出そのものが不安
  • 待合室でほかの患者様と長時間一緒にいるのが不安

このような思いで、受診そのものを控えている場合もあります。

しかし、持病がある方にとって、受診控えは致命的な問題です。

そこでこの記事では、受診控えをする患者様の課題を解決するオンライン診療についてご紹介します。​​​​​​​​

【目次】

患者様が抱える不安・不満とオンライン診療による解決

患者様の不安・不満を解決するサービスについて

患者様にとってオンライン診療は持続可能な仕組み(まとめ)

 

 


【患者様が抱える不安・不満とオンライン診療による解決】

コロナ禍において、患者様は通院・受診に対してどのような不安を抱えていらっしゃるのでしょうか。その原因を知ることで、医療機関様が解決すべき方法や対策が見えてきます。

そして、これら問題の最大の解決策となるのが「オンライン診療」です。

オンライン診療が患者様のどのような不安をカバーできるのか、そして医療機関様にとってどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: doctor-g44f8ddbd6_1920-1024x564.jpg

 

・患者様が抱える不安・不満とその原因

患者様が通院や受診に不安や不満を感じる点は、主に次の3つです。
● 新型コロナウイルスへの感染の恐れ
● 診察や会計などの待ち時間の長さ
● 通院のための移動距離・時間の長さ

この3点から見えてくる原因として、外出によって「不特定多数の人と接触する恐れがある」「長時間の外出・移動が負担になっている」の2点が挙げられます。

信頼している主治医様に診ていただきたいと考え、遠方から通っている患者様は多くいらっしゃいます。

しかし、新型コロナウイルス流行以降、外出に不安を覚える日々が続いたが故に、受診控えをされる患者様が増えたことも事実です。

・オンライン診療でカバーできること

オンライン診療は、外出による感染の恐れや待ち時間の長さ、そして通院そのものを無くし、患者様が不安・不満と感じる原因をカバーする仕組みです。

もちろんオンライン診療が、すべての疾患に対して有効的な診療方法だとは言えないかもしれません。

しかし、少なくとも受診控えをされていた持病を抱える患者様にとっては、安心して受診できる方法です。

主治医様の顔を見ながらお話ができることは、大きなメリットだといえるでしょう。

・オンライン診療の導入による医院様のメリット

オンライン診療は、医療機関様にとっても多くのメリットがあります。

  • 事前問診ができるため、診療計画を立てやすい
  • 再診率の向上
  • 遠方の患者様へのフォローが可能となる

これまで対面診療では行き届かなかった部分が比較的容易くできるようになります。

 

 


患者様の不安・不満を解決するサービスについて

ここまで患者様の不安や不満の解決策として、オンライン診療をご紹介しました。

次は、患者様の不安や不満を解決するためのサービスについて解説します。また「今すぐのオンライン診療は検討していない医療機関様」にもおすすめできるサービスもご紹介します。

 

・オンライン診療のためのサービスツール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2022-08-18-143309.png

 

オンライン診療の導入は難しい、導入までに時間がかかるとの印象をお持ちの医療機関様も多いのではないでしょうか。

実は、オンライン診療に特化したシステムを利用することで、メーカーのサポートも受けながら負担の少ないオンライン診療の導入が行えます。

参照:オンライン診療システムYaDoc

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: O1_DFIL01-20220427145955.Ubie_AI_Monshin_Color_v.jpg

また、オンライン診療を使用するうえでさらに利便性が増すツールがあります。

具体的には、紙で行っていた問診を、PCやスマートフォンなどの機器を使い患者様がご自身で入力する問診ツールなどが挙げられます。これにより、電子カルテへの転記をはじめ事務作業が大幅に軽減でき、スタッフ様の負担を減らせます。

参照:ユビーAI問診

 

・対面診療を受ける患者様に対するサービスツール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2022-08-18-143802.png

 

オンライン診療の導入は考えていらっしゃらない医療機関様でも、患者様の不満を減らす方法があります。

その方法とは、患者様の待ち時間の削減ができる順番管理システムの導入です。

このシステムは、待合室のモニターと音声で次の診察予定の患者様にお知らせする仕組みで、自分の待ち時間を確認できます。また、患者様ご自身のスマートフォンでも確認できるため、感染対策として車内など感染リスクの少ない場所でも待機できます。
このようなシステムを利用し、患者様の不安・不満の一部を解消することも可能です。

参照:順番管理システムまちみる

 


患者様にとってオンライン診療は持続可能な仕組み(まとめ)

今回は、患者様の不安や不満と、その解決方法であるオンライン診療についてご紹介しました。

オンライン診療の導入には二の足を踏まれている医療機関様も多くいらっしゃるでしょう。しかしながら、新型コロナウイルスの流行により、少しずつ患者様にも受け入れられてきているのも事実です。

特に持病のある患者様にとっては、オンライン診療は有効的な仕組みといえます。

今後、オンライン診療を導入する医療機関様は拡大していくと考えられます。医療機関様、患者様双方に持続可能な仕組みづくりをしましょう。

 


Q&A

Q1:オンライン診療のサービスは、どの年代のスタッフでも簡単に使えますか?

A1:はい。オンライン診療サービス導入にあたっては、不都合なくご利用いただけるよう、サポートいたします。

Q2:オンライン診療を受ける側の患者様は、受診の際に何が必要ですか?

A2:スマートフォンやタブレットと、インターネット環境があれば利用可能です。

 


 

 

この記事の関連記事

患者様におけるオンライン診療の必要性と持続可能な仕組みをご紹介

新型コロナウイルスの流行に起因し、外出を控える患者様が増えて…

新型コロナウイルスの流行に起因し、外出を控える患者様が増えて…

医院の設備投資・開業などに利用できるIT導入補助金ほか助成金3選!

医療機関で利用できる補助金や助成金は、経営に役立つものから人…

医療機関で利用できる補助金や助成金は、経営に役立つものから人…

初診が増えるクリニックの集患方法【3つのポイント】

【この記事は3分で読めます】 当記事で解説する「初診が増え…

【この記事は3分で読めます】 当記事で解説する「初診が増え…

【クリニック・薬局向け】自動精算機&自動釣銭機 4機種比較ガイド

「感染対策」「人手不足」「業務効率化」これらの課題を解決でき…

「感染対策」「人手不足」「業務効率化」これらの課題を解決でき…

密になりがちな待合室のお悩み解決!レイアウトの工夫からデジタルインフラまで徹底解説

「待合室が狭くて、患者さんが密になってきている…」とお困りで…

「待合室が狭くて、患者さんが密になってきている…」とお困りで…

マルウェア「Emotet( エモテット)」の感染拡大に関する注意喚起

近年、病院システムへのサイバー攻撃が急増していることを受け、…

近年、病院システムへのサイバー攻撃が急増していることを受け、…

お探しのサービスが 見つからない場合はこちら